WAY OVER YONDER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢の靴職人

イタリア靴を有名にしたサルバトーレ・フェラガモの自伝。貧しい農家の14人兄弟の11番目に生まれたサルバトーレは、ヨチヨチ歩きのころから家の向かいにある靴修繕屋に入り浸り、靴職人にあこがれる。しかし当時の靴職人は最低の階層で、両親に反対される。だが9歳にして靴修繕屋から借りた材料と道具で6歳の妹の洗礼式に履く白い靴を一晩で作ってしまう。これによって靴職人となることを許され、翌日から靴修繕屋に弟子入りする。わずか12歳で自分の店を持ち、16歳でアメリカに渡る。しかし機械化されたアメリカの靴工場にはなじめず、手作りの靴へ回帰する。仕事を求めて映画会社に行き、そこでカウボーイブーツを作る仕事をもらう。そこから映画スターの靴を作るようになる。履きごこちの良い靴を求めて、大学にも通って解剖学を勉強し、ついに履きごこちの良い靴とする秘密を発見する。倒産をしても技術とデザインで復活し、2度の大戦もくぐり抜け、世界有数のブランドへと成長する。
サルバトーレは靴職人になるために生まれてきたと言っているが、本当にそうとしか思えない。靴作りの技術は一度見ただけでマスターし、デザインのアイデアは無尽蔵に湧き出す。ダライラマのように選ばれた人としか言いようが無い。良い時代に生きたということもあるが、己の腕と才覚だけで成功した人間だということがこの本を読むと良く分かる。古本でしか手に入らないことが残念だが、見つけたときには購入して読むことをおすすめしたい本だ。
夢の靴職人―フェラガモ自伝 夢の靴職人―フェラガモ自伝
サルヴァトーレ フェラガモ (1996/12)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 23:03:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

新兵器

最近レザークラフトを始めてしまった。もともとは雑誌に出ていたリールケースを作ったのが始まり。その後、昔に登山靴の中敷に使っていた革の残りが出てきたので、それでペンケースを作ってみたら思いのほか簡単に出来たので味を占めたのだった。
そこで竿作りに使える新しい物を手に入れた。革包丁を研ぐのに使う革砥だ。木の板の上に革の床面(裏の部分)を表面にして貼り付けただけのもの。通常の革砥は青棒を研磨剤に使うのだが、食べ物を切る刃物も研ぐつもりだったので、ピカールを使った。青棒は酸化クロムなので、口に入れるものには使いたくなかったのだ。ピカールは酸化アルミで溶剤は灯油なので、ちゃんと洗えば大丈夫らしい。
革砥

今回竿作りにも使ってみた。削りで切れ味が落ちたときにこれを使うと切れ味が一時的に復活する。これは使える。砥ぎの回数が半分以下に出来る。あくまでもタッチアップなので、革砥をかける度に刃角が大きくなるため限界はある。しかし、これはいい。お勧めですわ。
  1. 2007/01/24(水) 20:44:06|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

火入れ

明日、かみさんと子供が帰ってくるので、火入れをした。火入れをしたのは写真の竿3本分。今回荒削りをした2本分と昔火入れをしたが、焼きが甘そうなのでもう一度火入れをする1本分。そしてフレーミングした竹のスペア4本。このインチキバインディングは今回初の試み。四角に削って4本で束ねている。バットセクションとティップセクション各2本づつ。スリースタックなので節の位置が2種類あれば、最終削りで何処が折れても対応できると云う寸法。削るときに折らなきゃいいだけなのだけど、念のため。1本だけ火入れするのも面倒なので、残った竹を火入れしてしまおうというだけの話。
火入れ前

暖房用ストーブを利用してやっているのだが、温度にムラがある。
下の写真からわかるようにあまり焼きが入っていない。ヒートガン使って部分的に火入れするか?
火入れ後

  1. 2007/01/23(火) 00:01:15|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鬼のいぬ間に…

今、かみさんと子供が帰省している。これ幸いと日ごろ出来ないことをやっている。夜更かし気味だ。いろいろやることがあって、ようやく竿作りにたどり着いた。以前、曲げなおしした竹の節を削ってみた。普通は曲げなおしの前に削るのだけれども、試しに逆にしてみた。特に問題は無いようだったが、やはり先に削ったほうが良いようだ。
節削り

この他すでに荒削りが終わっている竹を火入れできるようにバインドした。バインダー作りをサボっていたので、結局手巻きで巻き上げた。
子供がいないので道具は出しっぱなしに出来るので、なんとか荒削りして火入れまで持って行きたい。
  1. 2007/01/17(水) 23:45:41|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

初買い物だけれども…

伊達の釣具屋から新春セールの年賀状が着ていたので、有珠善光寺に初詣に行った帰りに寄ってみた。海アメ用のミノーでも買おうかと思ったが欲しいものは既になかった。さらば以前から買おうと思っていた#5のシンクティップラインはと思ったが、これもない。その他は竿もリールもラインも一通りあるので大枚をはたくところが無い。セールだから大物を買うチャンスなんだけれども。海アメ用スカッド用のマテリアルも売っていなかった。結局、必ず無くなる消耗品だけ買ってきた。いまどきファントムなんてジグ使う人いないんだろうな。でも初めて海アメ釣ったルアーなんで思い入れがある。擬餌針の釣りは使う擬餌針の信者にならないとイマイチ粘れない。とりあえずボックスには入れておきたい。
初買い物

  1. 2007/01/03(水) 00:18:09|
  2. 買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
パウダースノーだと雪だるま作るの難しいけども、今年は気温が高いのでちゃんと雪だるまできました。
雪だるま

最近は家族サービスと子守ばかり。
釣りにも行かないと…
  1. 2007/01/01(月) 21:37:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

カワガラス

Author:カワガラス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。