WAY OVER YONDER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トンキンDE工作

 長男が図書館から借りてきた工作図鑑のページを開いて、これ作ってー、と竹の弓矢のような写真を示した。仕方が無いので、トンキン竹の端材を利用して作ってやった。なにぶんトンキンは硬いので、肉を薄くそいで子供の力で曲がるように細工した。作ったのは写真のおもちゃ。
竹のおもちゃ
弓矢の先の部分に大根を刺して飛ばすようになっている。ただし大根では部屋が汚れてしまうので、不要の消しゴムを切って飛ばすようにしてやった。古典的なおもちゃだが、子供たちは結構楽しんで遊んでいた。そろそろ竿を作らねばと思いつつ、おもちゃで工作熱は収束してしまった。
 今年は例年よりも春が遅い。いつもだと初釣りに出かけるところだが、今年はまだ行けそうも無い。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/26(金) 23:33:17|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ようやく出合った

 今日古本のチェーン店に溜まった文庫本や雑誌を出しに行った。手提げ紙袋2冊分出したが700円にしかならなかった。学生時代にみかん箱一箱を古本屋に持っていくと2千円弱になったが、当時よりも買い取り価格は下がっているようだ。だからチェーン店は急成長したのだろう。近くにまともな古本屋があればそこに出すのだが、地方都市では大手チェーンに駆逐されて掘り出し物の良書を在庫する旧来の古本屋はほぼ絶滅してしまった。
 古本チェーン店に恨み節はあるものの、今回は大きな収穫があったで良しとしたい。書架に山本素石の「つりかげ」が出ていたのだ。ここ数年古本屋に立ち寄るたびに探していたのだが、ようやく出合うことができた。早速本棚から抜き取ってレジに持っていった。
つりかげ
実はこの本は中学生時代に読んだことがあるのだが、中坊にはまだ早すぎる内容で、釣りの本としてはなんか重い感じがしたのを覚えている。「釣山河」「遥かなる山釣り」「渓流物語」の三部作は持っているものの、「つりかげ」は持っていなかった。やはり素石ファンとしては「つりかげ」は外せない。今回出会えたのは本当にラッキーだった。今度出張の際にでも移動の飛行機や列車の中でじっくりと読んでみようと思っている。
  1. 2010/03/23(火) 21:33:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

まきり分解

 買ったまきりだが、握り部分とあわせる鞘を作るのが難しそうだったので、分解してしまった。 [まきり分解]の続きを読む
  1. 2010/03/07(日) 17:50:21|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地元の金物屋で買い物

 海のそばの金物屋でまきりを買った。イカ裂きなどと呼ばれている漁業用の刃物だ。1260円とネットなどで出ている価格よりも大幅に安かった。
まきり
[地元の金物屋で買い物]の続きを読む
  1. 2010/03/06(土) 22:36:20|
  2. 買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カワガラス

Author:カワガラス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。