WAY OVER YONDER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探検 獣祭り?

 今年買ったマウンテンバイクの足慣らしに以前ちょっとだけ竿を出したが全く釣れなかった川の上流部に入ってみることにした。渓相は抜群なのだけど・・・
sDSC00002.jpg

 左股はやや白濁した流れで望み薄なので、右股の方に入った。山岳渓流といった雰囲気だ。
sDSC00006.jpg
しかし全く反応がない。そうこうするうちに目の前にアニメのキャラクターにもなった外来種の獣が現れた。
sDSC00008.jpg
だまってジッと見ていると、こちらには全く気付いていない様子。なにやら石の下を両手で探っている。一つの石を探り終わると、次の石を探る。石に注意を取られていているようだ。3mぐらいまで近づいてようやく気が付いた。といっても脱兎のごとく逃げるのではなくちょっと駆け足程度でスタコラと逃げていった。ムムム。
sDSC00009.jpg
川を渡ろうと川の中の石に目をやると、どこかで見た昆虫がいる。しかし場違いだ。カゲロウやトビケラじゃないんだから。
sDSC00010.jpg
川の真ん中の両側に水流がある石の上にいた。仕方がないので、川岸に放り投げてやった。
sDSC00011.jpg
この川はやっぱり不発だったので、隣の川に入るために林道を走って休憩すると、トコトコと子ギツネがやってきた。人を恐れるふうではなく、1.5mぐらいの距離まで近寄ってきて、お座りをして待っている。きっと林業関係者が餌をやっているのだろう。しかし餌をやるつもりはないので、そのままバイバイする。
sDSC00013.jpg
隣の沢にたどり着き、釣の準備をしていると林道の上流側から別の獣がやってきた。またしてもジッと様子を見ていたが流石にこちらは5,6m先で気が付いた。顔を上げてこちらをずっと見ている。逃げる隙を与えてやろうと視線を外すと、直ぐに後ろを向いて駆け出した。実はエゾタヌキにはキツネにあった後、林道を飛び出して横切る奴と会っていたのだった。これで今日は2匹目の遭遇だ。
sDSC00015.jpg
隣の沢はこんな渓相だ。以前はほとんど人が入っていなかったのだが、本に掲載されてしまったせいか人の踏み跡がしっかりとついてしまっている。昔のように爆釣は期待できない。
sDSC00016.jpg
それでも魚は残っているらしく、プールで1匹掛けることができた。思ったよりも強い魚でなかなか寄ってこない。ようやく寄せてみると9寸弱のニジマスだった。しかしランディング直前に針が外れて写真を撮ることはできなかった。
sDSC00017.jpg
その後も魚は出たがフッキングできず。
sDSC00018.jpg
↓の場所でも2匹出たが、1匹は途中で針が外れ、もう1匹は沈み根に巻かれてラインブレイクしてしまった。
sDSC00019.jpg
結局、この日はボウズで終わった。餌をやらなかったキツネの呪いか?タヌキに化かされたのだろうか?それとも・・・
スポンサーサイト
  1. 2014/07/21(月) 21:23:45|
  2. 川釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<転進が吉と出た | ホーム | 雨に打たれる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://browndipper.blog73.fc2.com/tb.php/308-d143485e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カワガラス

Author:カワガラス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。